僕らがハムをつくる理由

田嶋ハム工房のはじまり

成形作業


昭和43年、太良町内の豚肉専門店で働いていた田嶋勝治が独立し、田嶋畜産を創業しました。その後、小さい頃から肉が大好きだった2代目の田嶋征光がハム・ソーセージを作るようになったのが、田嶋ハム工房のはじまりです。

当初は食肉卸で残った在庫が冷凍庫にたくさんあり、それを商品化するための加工品作りだったで、材料は冷凍の豚肉でした。ですが、デンプンやタンパクなどの混ぜ物は少なく、素材の質、肉の食感を大切にする作り方は、その頃から変わらないこだわりです。
今では冷凍していない肉を使い、お肉を食べているかのような肉の食感を出すため、食感が残るウデ肉の部位を主に使用しています。

手の上のお肉
今でも町の小さなお肉屋さんです。




無添加商品一覧はこちら

僕らがハムをつくる理由

お客様の声

シャルキュティエ田嶋の生ハム作り

     
  100円につき2ポイント付与
会員限定セール開催予定!
 

⇒詳しくはこちら  
  新規会員登録  
     

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 年末年始

営業時間:9:00~17:00
店休日:日曜日・水曜日

ふるさと納税
インスタグラム
無添加ではない商品はこちら

ページトップへ